千葉県中核地域生活支援センター

ひだまりの仕事
概要
場所
ひだまりネットワーク
ネットワーク概要図
ふれあいセンター
地域福祉サポーター
運営規定
運営規定
太陽会の理念
運営委員会
連絡調整会議
施設一覧
市町村
社会福祉協議会
福祉施設-高齢者関係施設
福祉施設-障害関係施設
地域包括支援センター
医療機関
教育機関
運営規定
●運営委員会
【ひだまり】が地域において公平中立な相談の拠点であり、真に地域の公平的な資源であるために、安房郡の圏域に設置する。
運営委員会は地域の関係者などで組織し、地域の問題の【ひだまり】への橋渡しをしながら地域での役割を位置づける。
3ヶ月に1回程度の開催とし、ひだまりスタッフの他、市町村行政、健康福祉センター、社会福祉協議会、在宅介護支援センター、子育て支援センター、当事者団体、地域ネット等の圏域の関係者等で組織する。運営委員会は【ひだまり】に対する苦情受付機関としての位置づけを持つこととする。

●各健康福祉センター管内(広域福祉圏)における連絡調整会議の設置について
(1) 連絡調整会議 全体会
広域福祉圏における対象者の福祉の総合相談事業を効果的に実施するため、圏域内の市町村の福祉担当主管課、社協、民間福祉事業者等が定期的に情報交換を行う。
各機関が受けている相談を持ちよって、地域の課題と解決への方向性を共有する。
健康福祉センターが主催し、中核地域生活支援センターが中心となって会議を運営する。
(2) 連絡調整会議 部会
部会はそれぞれ当事者団体、健康福祉センター、中核地域生活支援センター、市町村の個別課題に対応する担当課、関係諸機関等によって構成する。
障害福祉、児童家庭、高齢者福祉の各分野における情報交換、連絡調整を行う。
利用者のニーズに合わせ、圏域内の社会資源の状況を把握・分析し、不足する社会資源の開発等を検討する。開催頻度は、必要に応じ開催する。
(3) サービス調整会議
個別ケースの問題について、それぞれの関係者が集まり課題を協議する。
サービス調整会議でうかんできた課題を、部会・連絡調整会議で集約し、地域の課題としていけるような意識を持って行う。
必要が生じた時に随時会議が行えるような地域関係者のネットワークを形成していく必要がある。
各福祉機関団体が主催
▲ページの先頭へ
(c) Copyright 2004 Hidamari. All rights resereved. 地図
社会福祉法人 太陽会
中核地域生活支援センター 「ひだまり」
〒294-0014 千葉県館山市山本1155番地
TEL 0470-28-5667 / FAX 0470-28-5668