千葉県中核地域生活支援センター

ひだまりの仕事
概要
場所
ひだまりネットワーク
ネットワーク概要図
ふれあいセンター
地域福祉サポーター
運営規定
運営規定
太陽会の理念
運営委員会
連絡調整会議
施設一覧
市町村
社会福祉協議会
福祉施設-高齢者関係施設
福祉施設-障害関係施設
地域包括支援センター
医療機関
教育機関
運営規定
第一章 総則

【事業の目的】
第一条 中核地域生活支援センターでは、圏域内に存在するすべての社会福祉資源を把握し、地域住民のニーズに応じて社会福祉協議会、各種社会福祉施設、福祉関係のNPO等が行なう事業やボランティア活動につなげる対象者横断的なコーディネート(調整・組み立て・支援)を行なうとともに、地域で生活する子ども、障害者、高齢者等の権利擁護機能を担い、障害者がその人らしく地域で暮らせる社会をつくることを目的とする。

【運営の方針】
第二条 中核地域生活支援センター「ひだまり」では、地域の誰もが生涯を通じ、自分らしく満足できる人生を送れる為の支援システムを構築し、更に最善のサービスが提供される様、システムの改善に努める事により、常に利用者の喜びの創出を行う。

【事業所の名称】
第三条 事業を行う事業所の名称及び所在地は、次の通りとする。
1) 名称 千葉県地域中核支援センターひだまり
2) 所在地 千葉県館山市山本1155番地

第二章 職員の職種、員数及び職務内容

【職員の職種、職務内容】
第四条 事業に従事する職員の職種、員数及び職務内容は次の通りとする。
1) 管理者
管理者は、センターの職員の管理及び業務の管理を一元的に行うと共に職員にこの規定を遵守させるため必要な指揮命令を行う。
2) コーディネーター
地域総合コーディネート事業、相談事業、権利擁護事業の提供に当たる。
3) その他
事務及びコーディネーターの支援者

第三章 営業日及び営業時間

【営業日及び営業時間】
第五条 センターの営業日及び営業時間は、次の通りとする。
1) 営業日 365日(無休)
2) 時間 24時間

第四章 中核地域生活支援センターの内容

【事業内容】
第六条 この事業は、子ども、障害者、高齢者等の家庭・地域での生活に関する相談と権 利擁護を図るため、原則として次の各号に掲げるものについて行う。
1. 地域総合コーディネート事業 管轄地域の実情の把握に努め、行政をはじめとする公的機関、福祉サービスの提供者、 当事者グループなどをコーディネートし、利用者に必要なサービスを提供できるよう 活動を行う。
2. 相談事業 子ども、障害者、高齢者など対象者を横断的に捉え、複合的な相談事業を行ないます。 相談等に当たっては、電話だけでなく家庭等を訪問するなどのさまざまな方法により 各種福祉サービスの提供にかかわる援助、調整を行ない、潜在的なニーズの掘り起こ しに努める。
3. 権利擁護事業 相談等の権利侵害の積極的な把握に努め、各種関係機関との円滑な連携のもとに、権 利侵害の解消、本人や家族のケアと尊厳の回復、再発防止に努める。
4. その他 障害児(者)地域療育等支援事業が担ってきた業務の一部を行なうなど、この事業を 達成するために必要な業務を行う。

第五章 通常の事業の実施地域

【通常の事業の実施地域】
第六条 安房健康福祉センター所管区域とする。

第六章 その他運営に関する事項

【運営委員会】
第七条 それぞれの管内の当事者を含めた住民や、各種団体から選出された委員で構成する運営委員会を設置する。

【関係機関との連携】
第八条 健康福祉センターが、開催する連絡調整会議の主導的役割を果たし、市町村、ふれあい地域生活センター等関係機関と連携を図る。

【計画の策定】
第十条 事業の実施に当たっては、あらかじめ業務計画を定め、計画的に業務を行う。

【県への報告等】
第十一条 相談など活動状況について定期的に県に報告する。

【研修】
第十二条 コーディネーター等の資質向上を計る為、県の実施する研修会及び千葉県中核地域生活支援センター連絡協議会の実施する研修会等に参加させる。

【広報】
第十三条 この事業が広く利用されるために、事業説明会の開催等、事業の周知を図り理解しやすいよう工夫した広報活動を実施する。

【記録の整備】
第十四条 センターは、従事者、設備、備品及び会計に関する諸記録を整備する。
2. センターは、相談記録、中核地域センター相談実施報告書、ふれあい地域生活支援センター登録用紙・福祉救急隊登録用紙・地域福祉サポーター登録用紙等の記録、その他センターの業務に関する記録を整備するとともに、完結の日から2年間保存する。

【会計の区分】
第十五条 センターは、その他の事業の会計とを区分する。

【事故発生時の対応】
第十六条 センターは、センターの業務提供での事故が発生した場合、速やかに関係機関に連絡し、必要な措置を講ずる。
2. センターは、関係者に賠償すべき事故が発生した場合には、損害賠償を速やかに行う。
但し、センターの責に帰すべからず事由による場合は、この限りではない。

【秘密の保持】
第十七条 利用者及び利用世帯等のプライバシーの尊重に万全を期するものとし、業務に関して知り得た秘密は漏らしてはならない。また、職を退いた後も同様とする。

【その他】
第十八条 この規程に定める事項のほか、運営に関する重要事項は法の定めの他、社会福祉法人太陽会とセンターの管理者との協議に基づいて実施する。
▲ページの先頭へ
(c) Copyright 2004 Hidamari. All rights resereved. 地図
社会福祉法人 太陽会
中核地域生活支援センター 「ひだまり」
〒294-0014 千葉県館山市山本1155番地
TEL 0470-28-5667 / FAX 0470-28-5668